アトピー性皮膚炎とおもな合併症ー皮膚炎ー

主な合併症

アトピー性皮膚炎体質の人は一般に皮膚が弱く、子供の頃におむつかぶれを起こしやすかったり、各種の化粧品、塗り薬、洗剤などによる接触性皮膚炎を起こしやすいことが知られています。

細菌に関しては、重度の湿疹病変から進入した黄色ブドウ球菌などによる伝染性膿痂疹(いわゆるとびひ)をとくに幼児において多く合併することで認知されています

また伝染性軟属腫(水いぼ)などのウイルスによる皮膚疾患に感染しやすく、アトピー性皮膚炎患者が単純ヘルペスを罹患すると重症化することが広く知られています。(カポジ水痘様発疹症)。

Wikipedia:参照