ステロイド外用剤の中止(脱ステロイド療法その2)

脱ステロイド療法

トピービジネスは、ステロイド外用剤はほぼ確実にアトピー性皮膚炎を悪化させるといった立場をとり、「成人におけるアトピー性皮膚炎はステロイドにより引き起こされている」とすら主張することがあるようだ。

また医師にもステロイド外用剤をすべて中止すべきとする極端な意見の方がいる。患者は当然ステロイド外用剤を中止したことによる酷い症状に長期苦しむこととなるが、それを「ステロイド外用剤のリバウンドが続いている」「ステロイドを使用した年月に比例して治療に時間がかかる」「病変部から<毒>が排出されているので湿疹は好転反応である」といった独自理論で説明し、患者をつなぎとめようとする。
さらに自然主義的観点からプロトピックの使用も是としないことが多いようです。

当然これらの主張に医学的な根拠は無い。このような業者や医師に脱ステロイド療法(およびそのビジネス独自の療法)を指示されて極端に悪化し、緊急入院という結果となる症例が多数発生し続けており、少数ながら合併症による死亡例すらあるとのこと

また治療が難航している患者が自己判断でステロイド剤の中止を行い、自宅療養している例も見受けられる。ステロイド外用剤の中止が一部症例に改善をもたらすことは事実であるが、やはりステロイド外用剤が大部分の患者に改善をもたらしていることは多くの臨床的検討で確認されている。

治療が難航している場合でも、ステロイド外用剤のランクを変えることにより対処できたり、部分的ながら効果が発揮されている場合は多い。

最終的に中止にいたる判断は信頼できる医師の判断のもとで行う必要があり、実際の中止に当たっても他の治療の併用や、急激な中止ではなく様子を見ながらの漸減が必要です。

Wikipedia:参照