アトピー治療ー薬物による治療ープロトピック(商品名・軟膏)ー

薬物によるアトピー治療

プロトピック(商品名・軟膏)

プロトピックとは、1993年から治験として使われ始め1999年6月に認可された、タクロリムスという免疫抑制剤を外用剤に製剤したもの。軟膏とも呼ぶ。

元々臓器移植手術の際に用いられてきた(商品名プログラフ)ものだが、その濃度を0.1%程度にして外用剤にしている。ステロイドと同様に症状を和らげる効果があるのはもちろん、ステロイドとはまた違った副作用の機序を持つため、切り替えながら使用することによりステロイドの副作用を軽減で きるというメリットがある。

効能としては、
ステロイドの「Strong(やや強い)」
「Very Strong(かなり強い)」
くらいではないかと言われている。

特に顔面において効果が高いとされ、ステロイドの副作用が出やすい部位でもあることから、好んで処方される。

これは、顔面のように皮膚からの吸収が極めて良い部位では、ステロイドの場合血中濃度が急激に上がりやすいのに対し、プロトピックは分子量が大きいためにステロイドに較べて皮膚からの吸収が緩やかであることに由来している。

ただし重い湿疹病変部位で、表皮の構造が欠損している場合などでは、薬剤の吸収が想定外に高まる危険性があるため使用は推奨されない。

使用開始初期にヒリヒリとした刺激感や火照りを感じる人もいるが、皮膚が慣れてくるにつれて徐々に治まってくる。確認された副作用としては、ニキビや皮膚感染症の増悪がある。またプログラフとしての使用において腎機能障害と悪性リンパ腫の増加が報告されたことから、プロトピックにおいてもこれらを懸念すべきとする意見もある。ステロイド同様リバウンドがあるとする意見もあるが、中止によるアトピー性皮膚炎の増悪以上の現象は証明されていない。

なお悪性リンパ腫への危惧に関しては、これそのものに発ガン性物質が含まれているというわけではなく、「日々発生しては免疫に攻撃され消滅しているはずのガン細胞が免疫の抑制によって生き残ってしまい成長する」という形での発ガン性だと思われる。

外用剤ではこのほかに投与部位である皮膚ガンが懸念されており、塗布後に直射日光を浴びたり、紫外線療法による治療中に使用することなどは避けるべきである。

メーカーではプログラフよりも血中濃度が低くなることと動物実験の結果を根拠に安全性を主張しているが、データの解釈や動物実験からの予測で危険を主張する人もいる。


精確な評価には多数の使用者を長期追跡することが必要であるため、完全な結論には時間が必要と思われる。なおFDAは発ガン性への懸念から、処方を必要最小限とするように警告を出している。

Wikipedia:参照