アトピーの治療ー食事制限ー

食事制限 卵や牛乳・小麦粉などがアレルゲンとなっている場合は、その因子をのぞいた 「除去食」の献立を検討する事が望ましい。 一時期には厳密な食事制限が実施され、幼児の一部に成長障害が起きることが あったため、以前よりは比較的穏やかな方法がとられるようになった。 そのため管理栄養士などともよく相談して慎重に行う必要がある。(これはアトピー の治療というよりは食物アレルギーの治療であるが、食物アレルギーの際に体内で 抗原反応が起き、抗体ができるのを避ける目的がある)。 血液中のIgE抗体が、どのアレルゲンに反応するかを調べるRAST法では、総IgEが 高い場合、多数種の抗原に対して陽性となる傾向があるが、それは実際の症状と 相関しない場合があることがわかっている。 食事制限の方針を決める際には、パッチテスト、少量を試験的に摂取するなどの 実際のアレルギー反応を見る方法で判断したほうがよい。 その他一般的な注意事項として、魚介類は火を通した状態よりも生のほうが アレルゲンとなりやすいため、生食は避けたほうが無難である。 また乳児に対しては、時期尚早な離乳食への移行や、同一の食品を連続して 摂取させるなどの、食物アレルギーを誘発する行為は避けるべきである。